カンボジア旅行記7~アンコールワット前編~

シェアする

カンボジア旅行ブログ2日目その6
アンコールワットに到着編です。
いよいよアンコールワットに到着。
シェムリアップの町から車で10分くらい。
近いです。
IMG_3402.JPG
これがアンコールワットの正面。
横から見た時には見えていたアンコールワットの3つの塔は
正面に立つと、ちょうど門に隠れて見えなくなります。
門へと続く道は、真ん中から左がガタガタ。
これは、右半分は修復が済んでおり、左はまだ。
修復する前は、これくらいガタガタだったんですね。

さて、この道をまっすぐ門へと進みます。
これが正面の門。
門の建物でちょうどアンコールワット全体が隠れます。
IMG_3408.JPG
門の右側の柱には、銃弾の跡。
IMG_3410.JPG
内戦時には、アンコールワットも戦場だった。
ちなみに、上の道がガタガタだったのも、
戦車が通ったため。
いたるところで内戦の爪痕を感じる。
さて、この門の中を通って、進むと、
IMG_3411.JPG
門を潜り抜けた先に、アンコールワット!
参拝者から、隠されていたアンコールワットが
門を潜り抜けると、真正面に開かれる。
ドラマティックな作りです。
IMG_3415.JPG
ここであわてて前へ進まず、少し右に回り、
門の裏側を見ると、ココに女神のレリーフ。
IMG_3412.JPG
ガイドさん曰く、
このレリーフがアンコールワットで一番美しいそうです。
IMG_3417.JPG
さらに前に進んでいくと、
だんだんとアンコールワットが近付いてきます。
とても、何百年も前に作られたとは思えない美しさ。
ここを左に曲がると、
良く写真で見るアンコールワットの風景が見られるスポットです。
IMG_3429.JPG
それがこちら。
池をはさんで、アンコールワットが見えます。
非常に美しいです。
池にちょうど逆さ富士のようにアンコールワットが映ります。
残念ながら、周りは絵葉書や飲み物を売る現地の人や、
ラクダに乗るのを勧誘する現地の人で、
あんまり静寂な感じではないです笑
でも、またそれも、1つの味かと。
さて、アンコールワット真正面の入り口は
残念ながら修復中なので、
横の入り口から、いよいよアンコールワットの中へ入ります。
IMG_3431.JPG
つづく。

アンコールワットの歴史を学ぼう。
詳しく知りたいならこれが一番


トラベルデイズ – アンコール・ワット カンボジア – (海外|観光・旅行ガイドブック/ガイド)
by カエレバ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1