カンボジア旅行記4~アンコールトム・バイヨン~

シェアする

2014年
カンボジア旅行 2日目、その3です。
さて、シェムリアップの町から、アンコールトムへと移動しました。
アンコールトムの南大門をくぐり、
向かうは、アンコールトムの中心、
バイヨン遺跡です。
IMG_3332.JPG
< なぜかガイドさんは、正面からじゃなく 横から無理矢理入っていきます笑 IMG_3334.JPG
最初の写真にも真ん中くらいにクレーンが映っていますが、
どこの遺跡も常に修復中です。
風化したもの、内戦で壊れたもの、
そういったものを外国の援助で修復しているそうです。
日本人チームが直したところもあるそうです。
この色の違うところが、新しく直したところですね。
IMG_3336.JPG
これはガルーダという、ヴィシュヌ神の乗り物の鳥。
残念ながら、日本人のおっさんは
ガルーダといえばドラクエの敵にいたなーとか思ってしまう。
IMG_3337.JPG
さて、このような、石の神殿のような作りを抜けていきます。
柱にも、見事なレリーフが彫ってあり、
また、壁にも一面きれいなレリーフが彫られています。
昔の人たちがこれを作ったと思うと、
感慨深いものがあります。
そして、上に上ると、
IMG_3348.JPG
微笑む四面仏の観音様です
50ほどの塔に100以上の菩薩が彫られているそうです。
IMG_3358.JPG
近くで見ると、やや怖いです笑
しかし、これだけの菩薩様に囲まれると、
素晴らしい御利益がありそうな気がします。
さて、上まで登って降りてきます。
さっきは横から入ったのですが、
帰りは正面から出ます笑
同じ道を通らない、合理的なガイドです。素晴らしい。
入り口付近では、
IMG_3363.JPG
頭の無い像。
内戦時代に、お金になるものは
どんどん盗まれ売り払われたそうですが、
仏像などは、重たくてもっていけないので、
頭だけが売られたそうです。
悲しい歴史です。
IMG_3365.JPG
ということで、バイヨンを後にします。
最初から、非常に見ごたえがある遺跡でした。
IMG_3368.JPG
バイヨンの前には、こういった売店や食堂が並んでいます。
ガイドに、日本人がここで食べても大丈夫?って聞いたら、
全然大丈夫、って言っていました。
本当かうそか、食べてないのでわかりませんが笑
さて、次なる遺跡は・・・・
つづく。


アンコールワットの彫刻

伊東 照司 雄山閣 2009-05
売り上げランキング : 1352421
by ヨメレバ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1