サンフランシスコ旅行記10~アルカトラズ島観光~

シェアする

サンフランシスコ旅行記ブログ2日目その4
アルカトラズ観光の後編です。
さて、ここで、アルカトラズに収監された人が
本来入ってくる入口を逆に進み、
いったん、外に出ます。
外に出ると、海側から逆にサンフランシスコの町が一望できます。
IMG_1958.JPG
素晴らしい風景!
これはアルカトラズのことを何にも知らなくても、
この風景を見るだけでも、ここに来た価値があるくらいです。
すばらしい。
一旦、刑務所の暗いイメージから、
さわやかな気分のリフレッシュされます笑
そして、再び館内へ。
さっきまで通っていたところの一本横の通りがこれ!
アルカトラズの一番のメイン通り
「ブロードウェイ」です。
IMG_1979.JPG
囚人は、アルカトラズに収監されると、
まず真っ裸にされ、この道を歩いて、自分の独房へといくことになるそうです。
ちなみに、一番奥の突き当りに見える時計のあたりを
「タイムズスクエア」と呼ぶそうです。
さすがアメリカ人、なかなかのネーミングセンスですね笑
そして、中へと戻ります。
映画「アルカトラズからの脱出」の脱獄は
実際にあったことをもとにしているため、
その脱獄の様子が再現された独房もあります。
IMG_1972.JPG
ココは誰かが寝ているように見えますが、
寝ているのは首だけの人形です。
脱獄の時には、削ったアスファルトを紙粘土のようにして
首人形を作ったといわれています。
IMG_1973.JPG
脱獄は、この換気抗をスプーンで削って、
カバーを外し、さらにスプーンで削って穴を広げたといわれています。
スプーンでアスファルトを削るとか、どんだけ気の遠い作業なんでしょう苦笑
で、あけた穴から、壁の中の配管が集まる隙間にはいって、
うえへとのぼったとらしいです。
IMG_1975.JPG
最後に、外の運動場にも出れました。
IMG_1982.JPG
おーーー。映画と一緒だー。
IMG_1983.JPG
お、この石段は・・・・
映画で見たぞ。
このシーン。
alc1.jpg
右に立っている主人公フランクモリスの
後ろに見える石段がこいつですね。
ちなみにモリス主人公モリスはというと・・・
alc2.jpg
この黒人の方々が集まる石段を登っていきます笑
alc3.jpg
そして、てっぺんの段にいるボス、イングリッシュに話しかけるんですね。
その時の会話がこれ。
主人公モリス「段に特別な意味でも?」
黒人ボス、イングリッシュ 「高いところほど格が上だ」
「いわばお山の大将さ」
と、言っていたのを思い出したので、
僕も一番の上のお山の大将席にすわってみました笑
アルカトラズ島は、僕はサンフランシスコで一番のおすすめスポットです。
映画の舞台が見れるというのはもちろんですし、
オーディオガイドも非常に面白くできてるので、
全く何の知識がなくてもそこそこ楽しめます。
(弟は、何の事前知識もなかったけど楽しめたみたいです。)
あと、船で行くので、ちょっとしたクルーズ気分も楽しめますし、
天気が良ければ、アルカトラズ島から見る
サンフランシスコの様子も非常にきれいです。
ぜひ、島を見るだけじゃなく、上陸して楽しんでほしいですね。
次へ続く。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1