これを読んでから行け!マレーシア旅行におすすめの本。

シェアする

1、傭兵代理店

各国の傭兵たちを陰でサポートする―それが「傭兵代理店」である。
東京で密かに運営される代理店に、藤堂浩志が訪れた。
元刑事の彼は、ある殺人事件の犯人を追い傭兵部隊を渡り歩いていた。
あれから十五年、事件はすでに時効だが、
彼の帰国を待っていたかのように異常殺人が再発、
謎の刺客が現われた!やがて背後に浮かび上がった、防衛省と政府要人の陰謀とは。
小説の舞台は、マレーシア、ランカウイ島。
ランカウイ島には、これのモデルになった人物もいるそうです。
ぜひ、ランカウイに行く前には読んでおくと
ランカウイが100倍楽しめることでしょう。

2、マレー鉄道の謎

旧友・大龍の招きでマレーの楽園、キャメロン・ハイランドを訪れた火村と有栖川。
二人を迎えたのは、舞い飛ぶ蝶ならぬ「殺人の連鎖」だった。
ドアや窓に内側から目張りをされた密室での犯行の嫌疑は大龍に。
帰国までの数日で、火村は友人を救えるか。
これも舞台はマレーシアの小説。
純粋に面白いです。
国名シリーズらしいですが、単品でも楽しめます。

3、アジアを食らう

マンガで綴るアジア放浪日記。貧乏旅行じゃなく、パックツアーでもない。
なんの予定もたてずに、のんびりアジア8カ国を夫婦で旅行。
「マジックマッシュルームを喰う」「オランウータンと朝食を」「誰も知らない雨季のメリット」
「マニラのどろぼう」など。ふらっと旅に出たくなる本。
東南アジア全般の旅行漫画です。
マレーシアはランカウイについてがちょっとだけ。
子供のころ、ファミ通読んでいた人は、
懐かしいでしょう笑

4、東南アジアなんて二度と行くかボケッ!

一年中パソコンの前にいる引きこもりが東南アジアに旅に出た。目的は己を鍛え、ダメ人間から脱却すること。しかしマレーシアで辿り着いた先は、電気も鍵も壁もないジャングルの中の小屋。一気に激やせし、次のタイではムエタイファイターにつかまりジムでボロボロにされ、ベトナムでは肺炎で入院。でも旅は続く…。残念なへたれの爆笑旅行記。
以上、四つ。
マレーシアは書籍がちょっと少なかったかな。
でも、読んでいくと楽しめると思いますよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1