タイ・バンコク旅行記1~出国・パチャラスイーツスクンビット~

シェアする

さて、ずいぶんとお久しぶりとなりました。
今年の春は、タイバンコクに1週間の旅に出ていました。
その旅行記を掲載していきたいと思います。
それでは、タイバンコク旅行記の始まり始まり―。
さて、今年の春はタイ、バンコクを旅行してきました。
日程を思いっきり長くとったので、6泊8日です。
バンコクに4日、パタヤに2日行く予定でしたが、
実際には、パタヤにはいかず、バンコクにずっといました。
バンコクは非常にいい街ですね。
また、いつか、再び訪れたいですね。
さて、旅行記開始です。いつも通り15~20くらいまで
だと思いますので、時間がかかりますが、
お付き合いいただければと思います。
さて、出発はいつも通りの小松空港から。
今回も、大韓航空で、仁川経由バンコク行きです。
IMG_0100_R.JPG

とりあえず、小松空港で朝ごはん。
ほんと、小松空港の一番の欠点は、
いい食堂がないってこと。
もうちょっと小松空港は、「食」について頑張った方が良い。
IMG_0102_R.JPG
さて、バンコクのスワンナプーム国際空港に到着。
21時くらいにつくはずが、飛行機が遅れて22時くらいに到着。
空港からは、タクシーだと4000円~5000円かかるらしいので、
もったいないので、電車で移動。
IMG_0105_R.JPG
エアポートレールリンクなら、
片道45バーツ(180円)で行けます。
安い笑
IMG_0106_R.JPG
パヤタイ駅で乗り換えて、
ホテルの最寄り駅、ナナ駅へ。
いやー、ここまでの移動は順調そのものだったんだけど、
何事もすべては順調の行かないのが、旅の醍醐味なのか・・・苦笑
ナナ駅を降りたはいいけど、ホテルの場所がどのへんか、
だいたいの場所しかわかってない。
地図を片手に駅の出口を出ようとしたわけだけど、
出口は階段。エスカレーターがない笑
でかいスーツケースを抱えて、気合で階段を下りると、
降りた先は・・・
IMG_5203.JPG
こんな感じの場所。(後日撮影の写真)
明らかに、スーツケースを押して動ける場所じゃない笑
でも、なんとか、横によけて、地図と標識をにらんでたら、
なんとかホテルの場所がわかるが、
ホテルに行くには、道を渡らなければいけない。
片側3車線くらいの道なので、気合で渡るわけにもいかず、
とりあえず、この露店と観光客の間を、
スーツケースを押しながら、横断歩道を求めて移動するが、
どこまで行っても横断歩道がない汗
これは無理だなと判断し、
来た道をまた戻り、
駅の階段をスーツケースを持って気合で登り、
反対側の出口に移動する。
30℃くらいある気温の中で、
スーツケースを抱えて移動している、
完全に疲労困憊である苦笑
そして、何とか、ホテルにつながる道を見つけ、
曲がるとそこの道は…
IMG_0179_R.JPG
こんな感じの怪しい道。
これも後日の写真で、当日は写真を撮る余力もなかったわけだが、
この写真は、夜19時くらいの写真。
この日、到着したのは、夜23時くらいで、
車も人気も全くなく、該当すらほとんどないこの道を見た時、
ああ、異国に来たんだなぁと、非常にアウェイ感を感じると同時に、
久しぶりのこの感覚がなんだか楽しくなってきたのも事実。
まあ、何が出てきてもいいかと吹っ切って、
スーツケースを押しながら、この道を進んだたら、
なんとかホテルが見つかった。
バンコクのお宿は
「パチャラスイーツスクンビット(Phachara Suites)」
パチャラと読むのか、ファチャラと読むのか、
微妙な名前のホテルです笑
でも部屋は立派。
IMG_0108_R.JPG
一泊約8000円くらい。
良いホテルでした。
IMG_0136_R.JPG
IMG_0135_R.JPG
サービスアパートメントというジャンルになるらしく、
ホテルですが、キッチンや洗濯機がついています。
IMG_0139_R.JPG
ロビーはこんな感じ。
広くはないですが、きれいです。
IMG_5319_R.JPG
IMG_5318_R.JPG
こちらは翌朝撮影した、ホテルの外観。
明るいうちに到着できたなら、
こんな不安感もなく、ホテルに入れるのですが、
夜到着すると、なかなかの不安感でした笑
何はともあれ、
これにて、一日目が終わるのでした…。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1