タイ・バンコク旅行記3~ワット・ポー~

シェアする

さて、タイバンコク旅行記
2日目その2です。
今回も観光編。
ワットアルンを後にして、
また揺れまくる船に乗って対岸へと戻り、
次は、ワットポーへと向かいます。
IMG_4681_R.JPG
こちらがワットポー。
アユタヤ時代の創建と言われ、
バンコク最古の寺院です。
入場料が100バーツ必要です。
入口入ってすぐの、
この上の写真の右側に見えている建物に入ると・・・。
IMG_4682_R.JPG

かの有名な寝釈迦仏がいらっしゃいます。
IMG_4689_R.JPG
斜めの角度で何とか全体が収まるくらいの大きさ。
全長46mの大寝釈迦仏です。
建物にいっぱいいっぱいで窮屈そうなくらいです。
IMG_4690_R.JPG
足の裏も細工が施されています。
108個の絵らしいです。
IMG_4698_R.JPG
横の通路には、このようなお賽銭を入れる瓶があり、
IMG_4697_R.JPG
細かい小銭に崩してもらい、
これを一個ずつ入れていくと、
煩悩がなくなるらしいですよ。
僕も煩悩がなくなるように、
一個ずつ入れていきます笑
そして、外に出て、
こちらがマッサージのツボを表した図。
IMG_4702_R.JPG
IMG_4703_R.JPG
ワットポーは、タイの王様が設置した
タイ古式マッサージの学校が古くからあります。
昔はこうやって、石版でマッサージのやり方などを伝えたそうです。
現在も、境内の中にマッサージ学校があり、
タイマッサージを受けることができるそうです。
この時は、時間がないので、スルーしましたが。
IMG_4711_R.JPG
いたるところに仏像がきれいに飾ってありますが、
余計なイスやごみ袋などを置いて、
生活感を出してしまっているところが残念なところ…。
IMG_4713_R.JPG
こちらが、本尊が収められている本堂。
IMG_4715_R.JPG
建物中に入ると、本尊が鎮座しています。
とても美しい仏像です。
あのでかい寝釈迦仏が本尊じゃないんですね笑
さて、本堂を後にして、
色々うろちょろしますが、
仏像だけじゃなく、ワットポーは仏塔がたくさん立っています。
その中でも、僕が一番気に入った場所がこちら。
IMG_4729_R.JPG
歴代国王が眠る大仏塔が立っているエリアですが、
まだ時間も早いせいか、このエリアには全然人がいない。
そんな中、それぞれ色も作りも違う美しい大仏塔の間を歩いていると
まるで異次元に迷い込んだかのような錯覚を受ける。
非常に美しく、素晴らしい空間だなぁと思ってみていました。
これにて、ワットポーを後にします。
次はワットプラケオへ。
最後に、ワットポーには、
謎の選任や西洋人の石像がいくつか立っています。
IMG_4736_R.JPG
こんな感じ。
なぜこれを石像に笑
ということで、次へ続きます。
つづく。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1