絶対に失敗しない肝だめしのやり方3

シェアする

さて、肝だめしのやり方3【おどかし方編1】です。

コースをしっかりと準備したら、

あとはおどかすための仕掛け作りです。

僕が実際にやった仕掛けの数々をすべて公開します。

僕が肝試しをしているのは、野外の夜の公園という状況です。

おすすめのおどかし方1

◎イスを突然倒す

僕が数年、肝試しをやってきて、

毎回、鉄板に参加者が驚くおどかし方、それは、

「椅子を倒す」です。

コース途中に、「道順はこちら→」みたいな張り紙をした椅子を置いておき、

その椅子に、ビニールひもを結びつけます。

そして、そのビニールひもを後ろから思いっきり引いてください。

派手に音が出るように倒すと、参加者がかなり驚きます。

しかも、仕掛けなのか、偶然なのかがわかりませんので、

ビビること間違いなしです。

コツとしては、参加者が通り過ぎて、

やや後ろでイスが倒れるくらいのタイミングがベストです。

おすすめのおどかし方2

◎貞子のカッコでおどかす

実際に、人を登場させておどかすのであれば、

映画「リング」の貞子のようなカッコが一番驚きます。

しかも、比較的簡単にできるので、おすすめです。

僕が実際に使っている、貞子用の衣装などはこちら。

これを見ると、ふざけた感じに見えますが、

女性が白い着物を着て、夜立っているだけで幽霊に見えます。

頭につける三角のやつは、使わない方が良いですね。

お笑いのコントの幽霊みたいになってしまいます笑

髪の毛やかつらで顔を隠すのが良いです。

もし、着物が使い捨てでいいのなら、

血糊か、赤絵具で血のように汚しておくのもいいでしょう。

二つ合わせても、5000円~6000円くらいで行けますし、

髪の長い女性であれば、かつらはいらないので、着物だけでOKなので、

予算的にやりやすいです。

おどかし方としては、

演技力のある人は、顔を隠した状態で、

地面を這うように参加者に迫っていくのでもいいでしょう。

(呪怨の階段から降りてくる女性を参考にしてください)

演技力のない人は、顔を隠した状態で、

ゆっくり迫ってくるだけで十分怖いです。

また、派手におどかすのではなく、じわじわおどかしたい人は、

木の陰などに何も言わずに立っていて、

参加者が気が付いたら、さっと隠れるのでもいいです。

僕はこの最後のおどかし方が、本当の幽霊みたいでお勧めです。

とにかくポイントは、髪で顔を隠すこと。

顔が見えないと、怖さが倍増します。

おすすめのおどかし方その3

◎通り道に怖がりそうなものを置いておく。

通る道に、怖がりそうなものを置いておくだけで、

そこを通るときに、びっくりします。

おすすめなのは、

1、怖い感じの画像を印刷したものを木や壁に貼っておく。

怖い画像で検索すると、いろいろ画像が出てきます。

(グロいのも出てくるので注意)

2、リビングデッドドールズの人形。

怖い人形を置いておくと、結構ビビると思うのですが、

日本人形やフランス人形は結構お高いですし、

新品だと、怖さがあまりありません。

自分で加工したり、どこかで古いものが調達できる人は

それでもいいと思います。

しかし、そういったものがなかなか手に入らない人は、

おすすめは「リビングデッドドールズ」の人形です。

お値段は多少しますが、最初から怖い感じになっているので

即戦力として使えます。

おすすめのリビングデッドドールズ

僕はこれを持っています。

3、生首的なものを置いておく。

これもパッと見た感じのインパクトは絶大です。

しかし、生首はどこで手に入れればいいのか。

僕のおすすめは、美容師さんが使うカットマネキンです。

そんなものどこで手に入れればいいのか?

簡単です。ヤフオクで「カットマネキン」で検索すると

一杯売ってます笑

カット済みの物から未使用のものまでいっぱいありますので、

画像を見ながら、幽霊っぽい奴を選びましょう。

技術のある方は、自分で髪をカットして、

メイクを施すと、幽霊っぽくなると思います。

以上、おすすめのおどかし方3選でした。

後編へと続きます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ1