絶対に失敗しない肝だめしのやり方4

シェアする

さて、2016年も夏となりました。

肝試しの季節ですね。

絶対に失敗しない肝だめしのやり方シリーズその4

おどかし方後編です。

スポンサーリンク
レスポンシブ1

物陰から音を立てる。

肝試しの前半は、あまりおどかし役が派手に姿を現すと

後半、参加者が飽きてしまいます。

そのため、前半は、おどかし役が姿を見せない形で

おどかすことを僕はお勧めします。

そのための方法の1つとして、「音」があります。

◎ 足音などを立てる

僕が肝試しをしている場所は、途中に滑り台があります。

その滑り台が、ちょうど通り道からは良く見えない場所にあるので、

おどかし役はその滑り台の上で、「どんどん」と足音を出します。

すると、誰かが滑り台を逆に走って登っているかのような

足音が聞こえるので、参加者はビビります。

他にも、足音がしそうな場所で足踏みをして音を鳴らす、

水場があれば、水を出して水音を出す。

木をたたく、草を揺らすでもいいと思います。

誰もいないはずの場所で、音が鳴るとびっくりしますよね。

コツとしては、音を鳴らすのは「1度」だけです。

何回もやると、仕掛けだとばれますので、

「あれ、今、何か音がしなかった?」ぐらいに

参加者が感じるのがいいでしょう。

スピーカーから音を出す。

これも、上記の「音」シリーズの1つなのですが、

通り道の道端にスピーカーを隠しておいて、

そこから音を出すのはどうでしょうか。

最近では、スピーカーも結構安くてあります。

僕が使ってるのはこれです。

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011

これは今年初めてやるので、成功するかしないかわかりませんが、

また、後日、結果を報告したいと思います。

僕はいつも近くの公園で肝試しを開催しているので、

たまに、夜ですが、ランニングをしている人が通る場合があります。

それを逆手にとって、

参加者の前から一人の男がランニングしてきます。

通り過ぎる時に、その男の顔を見ると、その男はゾンビなのです。

って感じのことをやってみようと思うので、

おどかし役の男の子にゾンビマスクをかぶってもらい、

さらに帽子を着用してもらいます。

その状態で、参加者の前からは知ってきてもらい、

参加者の横を通り過ぎます。

その時、参加者がゾンビだと気が付いた場合には、そのまま素通り。

気が付かない場合には、帽子をとって「わー」っておどかす

って感じでやってみようと思います。

成功か、失敗か、結果はまた後日紹介したいと思います。

ちなみに、2016年の、僕の開催する肝試しの全体像は、

おどかす場所が、6か所。

スタート

滑り台で足音

????(未定)

イスが倒れる

ゾンビランナー

貞子がどかす

最後かと思ったらもう一度

貞子がおどかす笑

という感じでいく予定です。

最初は音や人がいない感じの仕掛けで脅かし

後半はゾンビランナーや貞子など、おどかし役が前面に出てのおどかしとなります。

未定の部分は、

予定としては、

道に生首を置いて、参加者が近付いたらライトをつけるという仕掛けか

道にちょうど木の枝が張り出しているので、

その木の枝にロープをうまくかけれれば、

上から生首が降りてくる仕掛けにしようと思っています。

こちらも、うまく行ったら後日報告させていただきます。

それでは、参加者が最高の怖がってくれる肝試しを

がんばって実現していきましょう。

質問などがありましたら、コメントにてどうぞ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする