絶対に失敗しない肝だめしのやり方6

シェアする

さて、肝だめしのやり方その6。

スタート前の怖い話の後編です。

前編はこちらです。

絶対に失敗しない肝だめしのやり方5

さて、今回もスタート前の怖い話シリーズ後編です。

例によって、おそらく何か本か、サイトを見て

つかわせていただいている話なのですが、

どこからの引用かわからなくなっているため、

もし、掲載することに問題がある話であれば、

コメントまたはメッセージにてご連絡ください。

そう言えば、前編に描くのを忘れましたが、

怖い話をするときには、

「テレビで聞いた」とか「本で読んだ」とかという話だと

あまり説得力がありません。

なので、僕は話をするときには、必ず

「友達の〇〇君が実際に体験した話」とか、

「大学の先輩が実際に体験したのを聞いた」とか、

こう言った、何となく実体験っぽい前置きをつけると

さらに怖さが増します。

※ 「自分が体験した話」だと、ちょっと嘘っぽいので他人の体験が良いです。

※ 5,6個話す時には、全部がこれだと嘘くさいので、1個2個は

テレビで芸人さんが話したとか、本で読んだとかも混ぜましょう。

スポンサーリンク
レスポンシブ1

肝試しにまつわる怖い話

これは、僕が大学生だった時の先輩が実際に体験した話です。

先輩が、夏休み、実家に帰省しました。

毎年、お盆休みには、高校時代の仲間が

15人くらい集まって、同窓会をしていたそうです。

そして、その同窓会の定番として、

近所の神社で肝試しをやっていたそうなんです。

その年も、いつも通り肝試しやろうぜという話になりました。

毎年、神社の前に結構長い階段があるので、

その階段を上り、神社の前においてある石をとって

帰ってくるというコースです。

2人一組になり、一組が帰ってくると

次の組が出発するという形で行っていました。

そして、前半の組がやっているときには

後半の組のうちの何人かがおどかし役としてこっそり

階段わきの森の中に潜んでいて、

後半組がやるときには、前半組の何人かが同じように

おどかし役をやっているというのが定番でした。

その年も、いつもの神社の階段の下にみんなで集まり、

くじ引きで組み合わせと順番を決めました。

先輩は、自分の名前がなかなか呼ばれず、

なんだか嫌な感じがしたそうなんです。

その嫌な予感は的中するもので、

参加人数が奇数だったせいで、

先輩は一人で行くことになりました。

しかも、順番は最後でした。

ほんと、嫌な感じだなぁと先輩は感じたそうですが、

女の子の参加者もいたので、

先輩は強がって、一人でも大丈夫だって言ったそうです。

一組目、二組目と肝試しは進んでいき、

最後の先輩一人の順番が回ってきました。

周りは「一人で大丈夫かぁ~?」などと冷やかしてきたそうですが、

先輩は「大丈夫に決まってるだろ!」などと

笑いながらスタートしていきました。

しかし、スタートしてすぐに、

なんだか毎年とは違うひんやりとした空気を感じました。

階段を半分くらいまで登って行ったところで、

周りの茂みの中から、ざざっと物音がしました。

先輩は、おどかし役の子が来たのだと思い、

人の気配を感じ逆に少し安心した気持ちになりました。

しばらく進むと、繁みの方から階段に向かって石が飛んできました。

最初はびっくりしたのですが、

ああ、おどかし役の子がおどかし始めたんだなと思い、

そのまま進んでいきました。

すると、

また、繁みから石が飛んできたのですが、

それが先輩の背中に当たりました。

「おい、体に当てるなよ。あぶないだろ!」

先輩は、おどかし役の子にそうやって言いました。

しかし、その後も、何度か石が体にあたることがありました。

これは、下に降りてから文句を言わなきゃいかんなぁ

そんな風に思いながら、さらに進むと、

神社が見えてきました。

神社の前にある、目印の石を拾い、

さて、戻ろうかと、階段の方を振り返りました。

すると、

階段には、小さな子供が10人くらいこちらを向いて、

立っていたのです。

よく見ると、顔は真っ青でした。

「おい!だれだ!」と先輩が声をかけると

その子供たちはいっせいに森の中へと入って行きました。

先輩は怖くなり、一目散に階段を下りて、

ふもとにいる仲間のところに戻りました。

そして、おどかし役をしていた前半のこのところに行き、

「あの階段にいた子供はなんだったんだ?」

ということを聞くと、

「何を言ってるの?」という返事が返ってきます。

「いや、おどかし役のヤツがいただろ?

見てなかったのか?

神社のところで、階段に子供が10人くらいいたんだけど?」

といったところ、

他の子からは、

「いや、お前は一人でかわいそうだったから、

誰もおどかしに行ってないけど。」

という返事でした。

あの子供たちはもちろんのこと、石を投げてきたのは

一体誰だったんでしょうか・・・・。

その他のおすすめ怖い話

他にも、ネット上ではいろんな怖い話の動画がありますので、

ちょうどよさそうなやつを、完コピして話すのがいいでしょう。

結構、離す時の間とか、声の大きさとかも重要なので、

その辺も含めて、完全にコピーして話すのがいいでしょう。

僕のおすすめの怖い話はこちら。

1、鏡越しに見える霊

僕は、「バンドをやっていた先輩が

工場の感謝祭で演奏を頼まれた時に実際に体験した話」

という設定で、話しています。

2、新聞配達

これは、「テレビで見た話」として話すこともありますし、

「友達が実際に体験した話」として話すこともあります。

3、しんちゃん

以上、これくらいあれば、肝試しには十分かとおもいますよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ、ワンクリックして
今日の順位を確認してください。
他にも良い旅行記サイトがたくさんありますので、
皆様の旅行の参考になりますように。
にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク
レスポンシブ1
レスポンシブ1

シェアする

フォローする